お知らせ リリース 改善・新機能

Wear OS by Google に対応しました

投稿日:2024-03-14 更新日:

いつもYAMAPをご利用いただきありがとうございます。

Wear OS by Google にYAMAPが対応しました。

これにより、活動中にスマートフォンを取り出すことなく、活動データの閲覧や地図での現在地の確認がウォッチでできるようになります。

対応端末

Android OSのスマートフォンに接続された以下のウェアラブルデバイス

        • Google Pixel Watch
        • Google Pixel Watch 2
        • Galaxy Watch 4
        • Galaxy Watch 4 Classic
        • Galaxy Watch 5
        • Galaxy Watch 5 Pro
        • Galaxy Watch 6
        • Galaxy Watch 6 Classic
        • PRO TREK WSD-F30
        • PRO TREK WSD-F21HR
        • G-SHOCK GSW-H1000
      • インストール方法

        各対応機種から

        1. 各対応機種からPlayストアへアクセス
        2. Playストアで「YAMAP」を検索
        3. YAMAPが表示されたらインストールボタンを押す

        Android版 YAMAPアプリ

        1. アプリのバージョンを 10.17.5 にアップデートする

        使い方

        Wear OS版YAMAPアプリの操作方法は、Google Pixel Watchを事例としてできることの詳細はヘルプセンターに記載しております。

        Google Pixel Watch版YAMAPアプリの使い方 – YAMAP ヘルプセンター

        活動を開始するには?

        1. Android版YAMAPアプリにて、地図をダウンロードし、保存した地図から活動を開始をタップしてしてください。(各対応機種への地図転送は不要です)
        2. 次にWear OS版YAMAPアプリを開くと活動データが表示されます。

        画面説明

        活動中、Wear OS対応機種では活動データの表示と地図の表示の二つの画面を切り替えて使用することができます。(下記よりGoogle Pixel Watchを事例としてご説明します)

        データ画面

        • 操作
          • 表示が隠れている場合にリューズを回す事ですべてのデータを確認できます。
          • 地図を見るボタンを押すと現在地が分かる地図が表示されます。
        •  表示データ内容
          • 活動時間:活動開始から現在までの時間を表示
          • 心拍数:現在の心拍数を表示
          • 標高:現在の標高を表示
          • 距離:活動開始地点から現在地までの歩いた距離を表示
          • のぼり:活動開始地点から現在地までの上った標高累計数を表示
          • くだり:活動開始地点から現在地までの下った標高累計数を表示

        地図画面

        • 操作
          • 表示が隠れている場合にリューズを回す事ですべてのデータを確認できます。
          • 地図を見るボタンを押すと現在地が分かる地図が表示されます。
        • 地図画面内容
          • 登山口:登山口マークを表示
          • 登山ルート:登山道を表示(赤色)
          • 歩いた軌跡:活動を開始した地点から現在までのルートを表示(青色)
          • 登山計画:事前に作成した登山計画のルートを表示(黄色)
          • 現在地:現在地を表示
          • 山頂:山頂マークを表示
          • 進行方向:Google Pixel Watchの向きが合わせて進行方向を表示
          • 登山道:登山道を表示

        ご意見・ご要望はこちら

        Wear OS版YAMAPアプリについてご意見・ご要望がございましたら以下のフォームよりお願いいたします。

        ご意見・ご要望 | YAMAP / ヤマップ


         

        ご注意

        • Google Pixel Watch は Android 9.0 以降を搭載したスマートフォンに対応しています。Google アカウント、Google Pixel Watch アプリ、インターネット接続が必要です。機能によっては Fitbit モバイルアプリや有料会員登録が必要な場合があります。国または言語によっては Google のアプリやサービスを利用できない場合があります。技術仕様とデバイスの仕様について詳しくは、Google Pixel Watch ヘルプをご覧ください。
        • YAMAPアプリv10.17.0以前にダウンロードした地図をGoogle Pixel Watchでオフライン利用するためには事前に地図の更新が必要です。更新が必要な地図には更新ボタンが表示されますので「のぼる」タブでご確認ください。
        • 以下の Wear OS 搭載スマートウォッチにて動作確認を行っておりますが、その他の機種では機種依存の問題により正常に動作しない可能性がございます。予めご了承の上ご利用ください。
          Pixel Watch
          Pixel Watch 2
          Galaxy Watch 4 Classic
          Galaxy Watch 5
          PRO TREK WSD F-21
          G-SHOCK GSW-H1000
          ※ その他注意事項
        • Androidスマートフォンと、Wear OS搭載機種の組み合わせに対応しています。iOSスマートフォンとWear OS搭載機種の組み合わせでは使えません。
        • 心拍センサーのない端末では心拍数の表示はできません(PRO TREK WSD F-30 など)
        • コンパス機能のない端末では現在地アイコンの向き表示および地図の回転ができません(TicWatch Pro 3 など)

        Google Pixel Watch には登山に役立つ機能がたくさん。

        Google Pixel Watch は、Fitbit の強みを最大限に活かした、Google がつくったスマートウォッチです ※1。歩数や消費エネルギーなどの日常的なアクティビティの記録はもちろん、ランニングやハイキングなどの 40 種類以上のエクササイズ モードでリアルタイムで計測 ※2。

        IP68、5ATM の防水機能を備え ※3、ディスプレイにはカスタム 3D Corning® Gorilla® Glass 5を採用しているので、タウンユースはもちろん、アウトドアにも気軽に着けて出掛けられます。

        また、転倒検出機能や緊急SOS機能で、事前に設定した連絡先や緊急通報番号に通知を送信することができるので、もしものときにも役立ちます ※4。

        1 Android 9.0 以降を搭載したスマートフォンのほとんどに対応しています。Google アカウント、Google Pixel Watch アプリ、インターネット接続が必要です。機能によっては有料会員登録が必要な場合があります。技術仕様とデバイスの仕様について詳しくは、g.co/pixelwatch/specs をご覧ください。
        2 一部の機能には Fitbit モバイルアプリが必要です。
        3 Google Pixel Watch 2 は工場出荷時点で ISO 規格 22810:2010 の 5 ATM の防水性能に準拠するよう設計されていますが、完全な防水ではありません。防水性能は、永久的には持続せず、通常の使用による摩耗、修理、分解、損傷によって低下または失われます。デバイスを落下させると防水性能が失われる場合があります。Google Pixel Watch は、浅い水域での使用を想定して設計されています。高速の流水または高温の水にさらされる活動には使用しないでください。一部の Google Pixel Watch バンドは防水ではありません。詳しくは g.co/pixelwatch/water をご確認ください。液体がかかった場合は、ウォッチとバンドを乾かすことをおすすめします。他のウェアラブル デバイスと同様に、バンドを清潔で乾燥した状態に保つことが肌にとって最適です。
        4 転倒検出機能は一部の国ではご利用になれません。また、ネットワーク接続やその他の要因によって利用できない場合があります。スマートウォッチは、緊急時の通信手段として利用できないことがあります。転倒検出ですべての転倒が検出されるわけではありません。4G LTE 接続がない状況で Google Pixel Watch から緊急サービスに発信するには、ペア設定したスマートフォンが近くにある必要があります。他のユーザーに現在地を共有するには、転倒検出機能に位置情報の利用を許可する必要があります。データ通信料が発生する場合があります。詳しくは g.co/pixelwatch/personalsafety をご覧ください。
        ⚫️ Google、Pixel、Pixel Watch、G ロゴ、Fitbit、Android、および関連するロゴやマークは Google LLC の商標です。

-お知らせ, リリース, 改善・新機能

執筆者:

関連記事

no image

iPhone版YAMAPアプリ、Version 7.13.13 をリリースしました

iPhone版YAMAPアプリ、Version 7.13.13 をリリースしました。 アップデートの上、どうぞご利用ください。 ▼ 主な改善点 Version 7.13.13 (2020/06/22) …

【新機能】活動記録中にその他の機能を使えるようになりました

これまで、活動記録中の画面では、通常の YAMAP の機能(地図をダウンロードする、ほかの活動日記を見る、など)を使うことができませんでしたが、このたび、活動中にそれらの機能が使えるようになりました。 …

no image

iPhone版YAMAPアプリ、Version 8.4.1 をリリースしました

iPhone版YAMAPアプリ、Version 8.4.1 をリリースしました。 アップデートの上、どうぞご利用ください。 ▼ 主な改善点 Version 8.4.1 (2020/12/30) 【不具 …

岩手県警察へ登山届を提出できるようになりました

いつもYAMAPをご利用いただきありがとうございます。 YAMAPアプリで作成した登山計画を正式な登山届として、岩手県に提出することができるようになりました。 長野、群馬、神奈川に続き、4例目となりま …

消費カロリーの計算式を、従来より精度の高い式へと改正します

いつもYAMAPをご利用いただきありがとうございます。 このたび、活動日記やダッシュボードで確認できる消費カロリーの計算式を、より精度の高いものへと改正します。その背景となる目的とあわせてご紹介します …